CSRへの取り組み

HOME > CSRへの取り組み > NPO法人 スクーバーミュージアム

ダイバーが創る「海の中の水族館」

NPO法人スクーバミュージアムの目的

NPO法人スクーバミュージアムは、ダイバーの方々に自然環境に対する意識・認識を持っていただくための活動を行っています。海洋域における自然環境を体感し、海洋生物の生態系を遊びながら学ぶことにより、生態系や自然環境の保全と創造の大切さへの理解を深めるとともに、海洋環境に対する知識・意識の向上と海洋環境の保全・創造の普及、啓発などに寄与することを目的に活動しております。

 

NPO法人スクーバミュージアムの事業

スクーバダイビングにおいては、逗子・葉山ダイビングリゾートと協働事業として、「ダイバーが創る海の中の水族館」プロジェクトを実施しております。

また、神奈川県・葉山町・葉山漁業組合と協働事業として、「アマモ再生プロジェクト」を実施しており、その他、小学校でのタッチプールなどを実施しております。

ページの先頭へ